トルコ料理のピラフ

トルコ料理のピラフ

ピラフの発祥の地は、トルコです。トルコは、オスマン=トルコ帝国という強大な国家があって文化がよく栄え、十五世紀にはローマ帝国を滅ぼし、十六世紀にはハンガリー王国やスペインの連合艦隊を破り、全ヨーロッパを脅かすほどの力を持ってた国です。その為、食文化に関しても栄えていました。トルコのピラフ料理の作り方は、手鍋で生の米と具をオイルで炒め、それに出汁を注いでフタをして炊くという、調理工程としてはイタリアのリゾットに近い料理でした。

 

リゾットとピラフの違いは、パラパラ感があるかどうかです。リゾットの場合は出汁とオイルを乳化させて汁っぽい「おじや」のような仕上がりにしますが、ピラフの場合は「炊き込みごはん」のように作ります。汁気が残らないのがピラフの特徴ですが、これが本来の作り方なのです。