ドリアの呼び名

ドリアの呼び名

ライス入りのグラタンと言えば「ドリア」と呼ばれるのが主流となっていますが、昔の日本ではいろいろな呼び方をされていました。先の荒田勇作氏の『荒田西洋料理』には「ドリア」という料理を掲載しつつ、それとは別に、トマト味のライスの上に、魚介類やチキンなどのクリーム煮をのせてグラタンにした料理があります。

 

この料理は"Trouville"(トルーヴィル)という名前で記載されています。ちなみにこの名前は、先の「トゥールヴィル」が元になっているのだと思います。※2    他にも単に「ライス入りグラタン」と記されていたり、その呼び名はいろいろでした。戦後間もない日本の有名フランス料理店『レストラン・アラスカ』や『コックドール』でも「トールヴィール」という、トマト味のライスにグラタンソースをかけて焼いた料理がメニューがありました。(どちらの店の料理長もワイル氏の弟子でした)また、北海道の『ホテル黒部』総料理長の梶井敏幸氏がコックの道を選んだのも、「トールヴィール」がきっかけだったと言います。学生時代に『アラスカ』で食べ、「世の中にこんなに美味しいものがあるのか」と衝撃を受け、大学を辞めてコックとなったそうです。

 

骨盤矯正東京ならば
骨盤矯正は東京都の目黒ハートカイロプラクティックへ。痛くない整体!