今でも味わえる「トールヴィール」

今でも味わえる「トールヴィール」

少しでも「トールヴィール」に興味がある方は、大井町の『プロヴァンス』というレストランに行ってみてください。(この店では「トルヴィル」と書いています)『プロヴァンス』のシェフは往年の銀座『コックドール』で修業されていた方で、今でも昔のままのフランス料理や西洋料理を提供していることで知られています。エスコフィエのトゥールヴィルとは少し違いますが、それでも戦後直後の日本で広まっていたトゥールヴィルは堪能することが出来ます。※1 オーギュスト・エスコフィエ(1846〜1935)の料理書、"Le Guide Culinaire"(1902年刊)より。※2 "Trouville"はフランスの地名。"Le Guide Culinaire"にも"Tourville"という料理とは別に、"Trouville風"を意味する"a la Trouvillaise"という料理法があるので、その混同と思われる。