ドリアを作ったのは

ドリアを作ったのは

グラタンの中にライスが入っている「ドリア」ですが、この「ドリア」は洋食レストランでは、定番です。では、この「ドリア」はどこの国のものなのか知っているでしょうか。グラタンっぽいので、フランス料理という人もいるかもしれません。もしくは、某イタリアンチェーン店の定番商品ということで、イタリア料理と考える人もいるかもしれません。

 

しかし実は、この「ドリア」という料理は、日本で生まれた料理です。ただ、そうはいっても、これは日本人の料理家が発案したのではなくて、サリー・ワイル氏が考案した料理であるとのことです。サリ―・ワイル氏は、「横浜ホテルニューグランド」で戦前に総料理長を務めていました。

 

サリ―・ワイル氏は、ニューグランドが開業する時に、1927年、本場パリから招かれたスイス人のコックです。フランス料理のコックですが、イタリア料理やスイス料理といった西欧料理全般が得意なコックでした。ドリアは日本で作られたものの、しかし、「サリー・ワイル氏の料理」と言ったほうが正確で、日本の洋食ということではないようです。