ドーリア家にちなんで

ドーリア家にちなんで

フランス料理に「ドリア」があり、これはパリのレストランが、イタリアの港町のジェノバの名門貴族「ドーリア家」の為に、キュウリ・トマト・チキンを使った料理のことを指していました。なので、ワイル氏が考えた「ドリア」とは別物なのですが、しかし、「ドーリア風」ということで古典フランス料理でキュウリを添えるのはその名残のようです。

 

料理は違いますが、しかし、どちらも「ドーリア家」にちなんでいて、十五世紀ごろにジェノバの海軍提督として活躍した・アンドレア・ドーリア(Doria)という人物を指しているようです。アンドレア・ドーリア提督がワイル氏の考えた「ドリア」の由来であるということは、あまり知られていないのですが、18世紀末頃まで「ジェノバ共和国」として、ジェノバは貿易で栄えており、独立していました。

 

ジェノバ共和国が建国される前から、ドーリア家は名家で、超名門貴族でした。今でもドーリア家の宮殿がジェノバに残っていますが、「ドーリア家」というとアンドレア・ドーリア提督はすぐに名前が出てきます。18世紀の末にナポレオンによってジェノバは占領されたこともあり、ほんの10年程度だったものの、フランスとも関わりを持っていたようです。

 

しかし、ニューグランドでワイル氏の補佐をしていた荒田勇作氏は1964年に「荒田西洋料理」という料理書を出しましたが、この中でドリアのことを「海将風」と記しています。名前の由来についてはよく分かりましたが、しかし、なぜライスにグラタンを乗せた料理にワイル氏は「Doria」と名付けたのでしょうか。