各国料理大集合!

 

ドリアは日本生まれ?

洋食レストランでは、定番となっている「ドリア」。グラタンの中にライスが入っているような料理ですが、皆さんはどこの国のものなのか知っていますか?グラタンっぽいからフランス料理?

 

それとも某イタリアンチェーン店の定番商品となっているからイタリア料理?と思う人もいるかもしれません。しかし実は、日本で生まれた料理なのです。とは言っても、日本人が発案したのではなく、戦前に『横浜ホテルニューグランド』で総料理長を務めていた、サリー・ワイル氏が日本に来てから考案した料理です。

 

ワイル氏は、1927年にニューグランドが開業する際にパリから招かれたスイス人コックです。元々はフランス料理のコックでしたが、西欧料理全般、イタリア料理やスイス料理なども得意とするコックだったのです。ドリアは日本生まれというものの、日本の洋食というより「サリー・ワイル氏の料理」と言ったほうが正しいかもしれません。

 

 

新宿歌舞伎町の人気ホストクラブはZEAL

ドリアが考案されたきっかけ

実はワイル氏、ニューグランドのメニューに「コック長はメニュー外のいかなる料理にもご用命に応じます」という、お客さまの要望に合わせて料理を作るサービスも提供していました。そんな時、「体調が良くないので、何かのど越しの良いものを」という要望を受けて作ったのが「ドリア」だったそうです。

 

その時に作ったドリアは、バターライス(ピラフ)に海老のクリーム煮を乗せ、ソース・モルネとチーズをかけてオーブンで焼いたものでした。ワイル氏が考案したこの料理は好評となり、"Shrimp Doria"(芝海老と御飯の混合)として、ア・ラ・カルトのレギュラーメニューになり、その後はニューグランドの名物料理の1つとなったのです。

 

そしてそれが弟子たちによって街のレストランや他のホテルで提供されるようになり、いつの間にか「ドリア」は洋食の人気メニューとして伝わりました。ちなみにワイル氏のオリジナル・ドリアは、ニューグランドの名物料理として今でも提供されています。